埼玉県立小児医療センター存続を求める家族の会 - 埼玉県立小児医療センター移転反対

ただの「声掛け」まですべてAIに覚えさせても

陳情書が提出されました!

犯罪機会論で言う「安全な場所」で大人が子どもを狙ったら

県立小児医療センター存続を求める家族の会

皆様の声を聞かせてください!

小児医療センターに通われている家族の皆様、これからの小児医療センターの在り方を聞かせてください。「掲示板」に、どういう「小児医療センター」が子供にとって、そして通院に付きそう家族にとって、そして、医療従事者にとって良いのか、一緒に考えたいと思いますので、声を聞かせてください。

 

また、「赤十字病院」の在り方。私達は「赤十字病院」の進化を止めているのでは有りません。

 

もっと知りたい方、分からない方がおられましたら、「お問い合わせ」フォームから

お言葉を頂けたらと思います。

 

2013年

11月

06日

【特注カスタムクラブ】バルド(BALDO) COMPETIZIONE568ストロングラック 420ドライバー三菱ケミカル TENSEI CK Pro オレンジシャフト

【埼玉】

大幅続伸(小菅努) - 個人 - Yahoo!ニュース

小児医療センター移転問題 患者「家族の会」 県に要望書

安全な場所で油断した子どもを狙う悪い大人がいるかもしれない」と
ベンチに下げる選手と別のポジションの選手を投入する

県の担当者に要望書を提出する「家族の会」の佐々木幹さん(右)=県庁で

写真

 県立小児医療センター(さいたま市岩槻区)の移転計画をめぐり、上田清司知事が、センターの医療機能の一部を現在地に残す方針を表明して一年八カ月が過ぎた。だが、何を残すのかはいまだ決まっていない。センターの移転撤回を訴えている患者の父母らは五日、「せめて現在地に残す機能については、患者家族の意見を反映してほしい」として、県との意見交換会の開催を求める要望書を県に提出した。 (増田紗苗)

需給均衡化にはなお時間が要求される可能性が高い

 提出したのは「県立小児医療センター存続を求める家族の会」。この日は、同会事務局の佐々木幹(もとき)さん(36)=上尾市=らが県庁を訪れ、県病院局小児医療センター建設課の村田暁俊(あきとし)課長に要望書を手渡した。

鉄道会社にもデータに関心を持ってもらいたいです

 県は二〇一一年六月、同センターとさいたま赤十字病院をさいたま新都心(同市中央区)の「8-1A街区」に移転する計画を発表したが、センターの患者家族らは「難病の子どもの命に危険が生じる」などと反発。上田知事は昨年二月の県議会定例会で、医療機能の一部を現在地に残す方針を表明した。

 県は、センターの外来患者を対象に昨年度に実施したアンケートを基に、現在地で対応が必要な重症児数などを分析し、現在地に残す機能や職員の体制を検討中という。

 一方で、「家族の会」代表の藤田けい子さん(41)=伊奈町=は「(知事の発言から)一年八カ月が過ぎたが、進展がなく不安な状態が続いている。患者の視点で気付くことも多いので、検討段階で当事者の声を聞いてほしい」と訴えている。

 県は、移転後の新病院は一六年度中の開院を目指している。患者家族からは、現在地では新生児集中治療室(NICU)や救命救急の存続を求める声があるが、村田課長は「医師の確保が難しく、高度医療の機能を二カ所に分散するのは難しい」としている。

◆議事録など黒塗り 開示を求めて都内の男性提訴

 県立小児医療センターの移転に関する議事録などの情報公開請求に対し、県が大部分を黒塗りにして開示したのは違法だとして、東京都杉並区のジャーナリスト三宅勝久さん(48)が五日、一部不開示決定の取り消しを求める訴えをさいたま地裁に起こした。

 訴状によると、三宅さんは昨年五月、県が同センターの移転を発表した二〇一一年六月の前後に県幹部らが行った会議の議事録などを情報公開請求した。県は開示したが、議事の内容など大部分は「(公開すると)自由で率直な意見交換が困難になる」などとして黒塗りにされていた。

軽微な犯罪を取り締まることで凶悪犯罪の予防につなげる考え方

 三宅さんは「公共性の高い県立病院の移転についての情報を、一部不開示とするのは正当性がない」などと主張している。

痴漢レーダーの報告で一番多いのは「痴漢」ですが

 県の担当者は「開示内容は適正な手続きで決めた。裁判への対応は訴状を見て判断したい」としている。

続きを読む 2 コメント

新病院への移転・整備に関する患者・御家族説明会の開催

2013年

11月

06日

H25.11.6 東京新聞 

【埼玉】

県の担当者に要望書を提出する「家族の会」の佐々木幹さん(右)=県庁で

写真

 県立小児医療センター(さいたま市岩槻区)の移転計画をめぐり、上田清司知事が、センターの医療機能の一部を現在地に残す方針を表明して一年八カ月が過ぎた。だが、何を残すのかはいまだ決まっていない。センターの移転撤回を訴えている患者の父母らは五日、「せめて現在地に残す機能については、患者家族の意見を反映してほしい」として、県との意見交換会の開催を求める要望書を県に提出した。 (増田紗苗)

 提出したのは「県立小児医療センター存続を求める家族の会」。この日は、同会事務局の佐々木幹(もとき)さん(36)=上尾市=らが県庁を訪れ、県病院局小児医療センター建設課の村田暁俊(あきとし)課長に要望書を手渡した。

2015年の米産油量見通しが前月から日量12万バレル上方修正されており

 県は二〇一一年六月、同センターとさいたま赤十字病院をさいたま新都心(同市中央区)の「8-1A街区」に移転する計画を発表したが、センターの患者家族らは「難病の子どもの命に危険が生じる」などと反発。上田知事は昨年二月の県議会定例会で、医療機能の一部を現在地に残す方針を表明した。

 県は、センターの外来患者を対象に昨年度に実施したアンケートを基に、現在地で対応が必要な重症児数などを分析し、現在地に残す機能や職員の体制を検討中という。

 一方で、「家族の会」代表の藤田けい子さん(41)=伊奈町=は「(知事の発言から)一年八カ月が過ぎたが、進展がなく不安な状態が続いている。患者の視点で気付くことも多いので、検討段階で当事者の声を聞いてほしい」と訴えている。

 県は、移転後の新病院は一六年度中の開院を目指している。患者家族からは、現在地では新生児集中治療室(NICU)や救命救急の存続を求める声があるが、村田課長は「医師の確保が難しく、高度医療の機能を二カ所に分散するのは難しい」としている。

議事録など黒塗り 開示をめて都内の男性提訴

 県立小児医療センターの移転に関する議事録などの情報公開請求に対し、県が大部分を黒塗りにして開示したのは違法だとして、東京都杉並区のジャーナリスト三宅勝久さん(48)が五日、一部不開示決定の取り消しを求める訴えをさいたま地裁に起こした。

 訴状によると、三宅さんは昨年五月、県が同センターの移転を発表した二〇一一年六月の前後に県幹部らが行った会議の議事録などを情報公開請求した。県は開示したが、議事の内容など大部分は「(公開すると)自由で率直な意見交換が困難になる」などとして黒塗りにされていた。

次の駅で警備会社の人が待っていてくれるというようなものです

 三宅さんは「公共性の高い県立病院の移転についての情報を、一部不開示とするのは正当性がない」などと主張している。

 県の担当者は「開示内容は適正な手続きで決めた。裁判への対応は訴状を見て判断したい」としている。

ただの「声掛け」まですべてAIに覚えさせても
ヤマハ 2019 インプレス UD+2 アイアン ATTAS IRON 10 シャフト 特注カスタムクラブ 4本セット[#7-P] フォーティーン 2018 TC-340 FORGED For LADIES アイアン 5本セット(#6~P) 日本仕様 FT-26i カーボンシャフト [FOURTEEN IRON TC340 フォージド レディース ゴルフ]

2012年

11月

30日

シンポジウムでパネラーのお話をご覧ください!

グアルディオラ監督の鮮やかな戦術的交代(杉山茂樹) - 個人 - Yahoo!ニュース
需給均衡を実現するには原油価格の低迷が続く必要性を訴えている

9月9日に行われました『こども医療シンポジウム』での動画です。

患者の家族であるパネラーの切実な訴えです。

 

通院が困難であるということは理解できても
通えないないという現実は、経験しているものにしかわからないと思います。

実際に命がけで通院しているものがいること、新都心では命の危険があることを知って欲しい。

是非、こちらを県や市の方にもご覧になって一緒に考えて頂きたいです。

 

子どもの療育にも環境的にも整っている現在地での存続を切に願います!!

続きを読む 0 コメント
自宅まで尾行されてそこで被害に遭うことが多く

2013年

11月

06日

H25.11.6 東京新聞 

サービス上で公開したらどうかと思っています

【埼玉】

小児医療センター移転問題 患者「家族の会」 県に要望書

県の担当者に要望書を提出する「家族の会」の佐々木幹さん(右)=県庁で

写真
:ユーザーからも警察や駅員の対応が残念だったという声が上がっているので

 県立小児医療センター(さいたま市岩槻区)の移転計画をめぐり、上田清司知事が、センターの医療機能の一部を現在地に残す方針を表明して一年八カ月が過ぎた。だが、何を残すのかはいまだ決まっていない。センターの移転撤回を訴えている患者の父母らは五日、「せめて現在地に残す機能については、患者家族の意見を反映してほしい」として、県との意見交換会の開催を求める要望書を県に提出した。 (増田紗苗)

 提出したのは「県立小児医療センター存続を求める家族の会」。この日は、同会事務局の佐々木幹(もとき)さん(36)=上尾市=らが県庁を訪れ、県病院局小児医療センター建設課の村田暁俊(あきとし)課長に要望書を手渡した。

 県は二〇一一年六月、同センターとさいたま赤十字病院をさいたま新都心(同市中央区)の「8-1A街区」に移転する計画を発表したが、センターの患者家族らは「難病の子どもの命に危険が生じる」などと反発。上田知事は昨年二月の県議会定例会で、医療機能の一部を現在地に残す方針を表明した。

直近10週間の在庫増加幅は平均で736万バレル/週に達しており

 県は、センターの外来患者を対象に昨年度に実施したアンケートを基に、現在地で対応が必要な重症児数などを分析し、現在地に残す機能や職員の体制を検討中という。

子どもの場合は物色の次に接触と連れ去りがあります

 一方で、「家族の会」代表の藤田けい子さん(41)=伊奈町=は「(知事の発言から)一年八カ月が過ぎたが、進展がなく不安な状態が続いている。患者の視点で気付くことも多いので、検討段階で当事者の声を聞いてほしい」と訴えている。

 県は、移転後の新病院は一六年度中の開院を目指している。患者家族からは、現在地では新生児集中治療室(NICU)や救命救急の存続を求める声があるが、村田課長は「医師の確保が難しく、高度医療の機能を二カ所に分散するのは難しい」としている。

◆議事録など黒塗り 開示を求めて都内の男性提訴

怒りの沸点が下がっているということですから

 県立小児医療センターの移転に関する議事録などの情報公開請求に対し、県が大部分を黒塗りにして開示したのは違法だとして、東京都杉並区のジャーナリスト三宅勝久さん(48)が五日、一部不開示決定の取り消しを求める訴えをさいたま地裁に起こした。

 訴状によると、三宅さんは昨年五月、県が同センターの移転を発表した二〇一一年六月の前後に県幹部らが行った会議の議事録などを情報公開請求した。県は開示したが、議事の内容など大部分は「(公開すると)自由で率直な意見交換が困難になる」などとして黒塗りにされていた。

 三宅さんは「公共性の高い県立病院の移転についての情報を、一部不開示とするのは正当性がない」などと主張している。

 県の担当者は「開示内容は適正な手続きで決めた。裁判への対応は訴状を見て判断したい」としている。

続きを読む 2 コメント
大幅続伸(小菅努) - 個人 - Yahoo!ニュース

シンポジウムでパネラーのお話をご覧ください!

9月9日に行われました『こども医療シンポジウム』での動画です。

患者の家族であるパネラーの切実な訴えです。

 

通院が困難であるということは理解できても
通えないないという現実は、経験しているものにしかわからないと思います。

実際に命がけで通院しているものがいること、新都心では命の危険があることを知って欲しい。

是非、こちらを県や市の方にもご覧になって一緒に考えて頂きたいです。

 

子どもの療育にも環境的にも整っている現在地での存続を切に願います!!

続きを読む 0 コメント

埼玉新聞より

小児医療センター、救急と入院機能存続を 患者家族ら意見交換

怒りの沸点が下がっているということですから

 県がさいたま新都心(さいたま市中央区)に移転、新たたに建設を進めている県立小児医療センター(同市岩槻区)について、同センターの患者家族らが21日、埼玉会館(同市浦和区)で意見交換した。現在地に外来に加え、24時間の救急機能と入院機能を存続させるよう県に求めていくことをあらためて確認した。

 県立小児医療センターの存続を求める家族の会(藤田けい子代表)などが開いた。同会などによると、県の同センターの患者や家族に対する説明では、現在地では外来患者に対応するため、週数日開院。患者のリハビリや家族の看護・介護疲れを防ぐために患者を預かる「レスパイト」なども行うが、救急と入院の機能はないという。

 それに対し、同会などは「重症の患者(子供)が多い。長い時間、自動車で新都心まで移動するのは不安。容体が急変した時のリスクが大きい」と危惧。入院患者の意向調査も行われておらず、地域住民の要望も聞き入れられていないなどとし、現在地に救急と入院の機能を残すよう求めている。

 上田清司知事は2012年2月の定例県議会で「機能の一部を現在地に残すことも検討する」との考えを明らかにしている。



【OVDゴルフカスタムクラブ】
【JBEAM/ジェイビーム】
J3 TOUR DRIVER
フェース素材を変えて、レーザーミーリングを施したことでスピン量も軽減し、引っかけにくくもなっている。
【ヘッド】
ロフト:9.5°~11.5°
(9.5度、10度、10.5度、11度、11.5度)
ライ角:59.5度~60度
体積:445cc
ヘッド重量:195g~197g
※付属品:純正ヘッドカバー
【シャフトについて】
タイトル、商品画像記載のシャフトよりお選びください
※シャフトメーカー新品。スペックについては説明文最後の『シャフト一覧』にてご確認ください。
【カスタム内容】
※長さはご指示がない場合、45.75インチで組立させていただきます。
ご変更を希望される方は選択肢よりご指示頂くか、別途備考欄にご記入お願いします。
※グリップ変更可能です。

※各種グリップ取り扱っておりますので、詳しくは説明文最後の『選択可能グリップはコチラ』をご参照下さい。
※長さ・グリップテープ等の変更などは、ご要望に応じて対応させていただきます。
※アドレス時にシャフトロゴが下に向くように組立いたします。
【お支払方法】
カスタムオーダー品に関しましては商品の特性上キャンセルをお受けできません。
また、代金引換でのお取引に対応しておりません。

予めご了承下さいませ。
【備考】
※当方選択肢にないご希望に関しましては別途備考欄にご記入頂くか、事前にご連絡をお願い致します。
OVD GOLF店 0796-24-0899(TEL・FAX)
商品担当:手崎
【納期】
納期はパーツ欠品などが無い場合、約1週間程度での発送になります。
※パーツ欠品の場合1ヶ月程度納期が遅れる場合が御座いますのでご理解とご了承をお願いします。
JBEAM/J3_TOUR_DRIVER/ジェイ3ツアー/Longest_Yard-03/ロンゲストヤード/CRAZY/クレイジー/OVDカスタムクラブ/代引NG【05P26Mar16】